ホーム > エリア > 難しくとも

難しくとも

任意整理は一般に債務の整理というように言われていてそれぞれの債権を有する者への返金を継続することを前提とした債務の整理の形のことです。

 

一般的な手続きですが司法書士もしくは弁護士有資格者債権を持つものとあなたの中に入って相談し利息制限法にかんがみて利息の再適用をもとに一から計算した借りたお金の元金について利息をカットした方法によって3年程度の期間内で返済を行っていく整理対策です。

 

この手順を踏む場合は各裁判所等をはじめとする国の機関が管理しませんのでこれとは異なる選択と比べた場合採用した場合のデメリットとなる点が一番少なく手続きそのものも債務者にとってほとんど負担にならないので、一番初めに検討するようお勧めしたい手続きでもあります。

 

くわえて、債権者がサラ金といったようなとても高額な利息の場合、法律で決まっている金利以上に支払った借入金利分にあたっては借入金の元金に適用できると判断しもととなる元金そのものを減らしてしまうことだってできます。

 

だから、サラリーマン金融みたいなとても高額な金利を取る業者へ長い間返済し続けているケースだと期待以上の支払額を減らすことができる場合もあり、15,6年とか返し続けている例では元金自体がクリアーになるような場合もあります。

 

債務の整理の良いところを挙げると、破産手続きと違い一定の借金だけを整理することが可能なため、保証人が関連する借金以外だけで検討する際やマンションのローン以外だけを整理をしたい場合等でも申請することも良いですし、全ての資産を手放す義務がないため、クルマや戸建て住宅などの個人資産を所有しているものの放棄したくない状況でも有力な選択肢になる借金整理の手続きとなっています。

 

いっぽう、これからの返済に必要な額と実際に可能な収入をかんがみて、おおむね返済の目処が立てられる場合においては手続きを進めていくことに問題ありませんが破産と違って負債自体がなくなるということではありませんので借りている合計が多い状況の場合現実問題として任意整理の手続きを踏むのは難しくなるといえるでしょう。